住吉海浜公園(長部田海床路)海の中に続く電柱

くまもと公園図鑑

熊本県内各地の公園や運動施設に訪れ、写真中心に施設のポイントをまとめていきます。

今回は、宇土市の「住吉海浜公園」に行ったときの記録です。

住吉海浜公園の場所

アクセス

・ 熊本県宇土市住吉町(Googleマップ

・ 国道57号線沿いで、道は整備されている。

駐車場

・ 駐車場の収容台数は30台程度。

・ 駐車料金は無料。

住吉海浜公園の駐車場

住吉海浜公園の施設

芝生広場

・ 駐車場と海の間に、ちょっとした芝生の広場があって、ベンチが設置されている。

住吉海浜公園の芝生広場

長部田海床路

・ 海苔の養殖や採貝をする漁業者のための道、「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」。

・ 海の中に続く、その道の長さは約1㎞。

・ 満潮時は道が海に沈み、電柱だけが海に続く不思議な風景になる。それは「千と千尋」の電車のシーンを想起させるような景色。

長部田海床路

あまくさみすみ線

・ 宇土駅から三角駅までを結ぶ三角線が近くを走り、しばしば昔懐かしい雰囲気の列車も見られる。

住吉海浜公園JR三角線

休憩場所

・ トイレや自販機は駐車場にある。

住吉海浜公園のトイレ

・ トイレ裏にある築山の上に東屋があって、長部田海床路の小さな展望スポットになっている。

住吉海浜公園の東屋

訪れての感想

有明海のナウシカ

住吉海浜公園は、海岸に芝生広場と東屋やベンチがあるだけで、遊具のある「公園らしい公園」ではありませんでした。

大型トラックも駐車できるような広い駐車スペースがあり、トイレや自販機もあるので、昼間はドライバーの良い休憩場所になっているようでした。

公園よりも、CMの撮影場所としても話題となった長部田海床路のフォトスポットとして、認知される場所かと思います。

東側の海には、紫陽花の公園として知られる住吉自然公園と、その先の小さな風流島が望めますが、その並びと形が、小さな都市に迫るナウシカの巨大な王蟲のようにも見えました。

相良村の雨宮神社が「トトロの森」なら、宇土市の住吉自然公園は「王蟲の森」と呼ばれても良さそうだなと、少しだけ思います。

住吉海浜公園から望む王蟲の森