八景水谷公園(水の科学館)

くまもと公園図鑑

熊本県内各地の公園や運動施設に訪れ、写真中心に施設のポイントをまとめていきます。

今回は、熊本市北区の「八景水谷公園」に行ったときの記録です。

八景水谷公園の場所

アクセス

・ 熊本市北区八景水谷1丁目878−1(Googleマップ

・ 坪井川沿いの道など、周辺は狭めの道が多い。

駐車場

・ 八景水谷公園駐車場は清水総合出張所の向かいにある。収容台数は30台程度。

・ 園内にある「水の科学館」の駐車場もある。収容台数は40台程度。

・ どちらも駐車料金は無料。

八景水谷公園の駐車場

八景水谷公園の施設

水の科学館

・ 開館時間は、9時から17時。

・ 休館日は、毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始。

・ 入館料は無料。

・ 夏は、館内の遊水池が無料の水遊びスポットになり、子どもに大人気。

八景水谷公園の水の科学館
水の科学館の遊水池

関連記事:熊本県の水遊び公園をマッピング

遊具コーナー

・ 芝生広場の隅に、若干の遊具が並ぶ。

八景水谷公園の遊具

キッズスペース

・ 幼児向けの遊具が揃うスペース。

八景水谷公園のキッズスペース

湧水池

・ 水が綺麗で水深が浅め。ここも水遊びスポットになっていた。

八景水谷公園の湧水池

水道記念館(文科省の有形文化財)

・ 八景水谷は熊本市上水道の発祥の地。

・ 1924年(大正13年)11月27日、八景水谷を水源地にして4,617戸へ配水を開始したらしい。

・ 水道記念館は上水道創設時から43年間、送水するために使われていた送水ポンプ室。中には入れない。

八景水谷公園の水道記念館

・ 芝生の広場を囲むように桜があり、花見に向いている。また、桜並木もあって、散歩にも向いている。

八景水谷公園の花見広場
八景水谷公園の桜並木

関連記事:熊本県内のお花見スポット35箇所まとめ

関連記事:熊本市内のお花見スポットまとめ

訪れての感想

ゲンジボタルの生息地

八景水谷公園

八景水谷公園は自然豊かで、色んな水辺の生物がいるようで、カメラを持った写真愛好家らしき方が池の周りで撮影をしていました。

絵を描きに来ている親子もいました。

透き通る水の小川は、子どもの膝下ぐらいの深さ。

夏の夜はゲンジボタルを見ることができて、昼間は水の科学館と共に、水遊びに最高な場所です。

八景水谷公園は江津湖ほど有名なスポットではないかもしれませんが、熊本の豊かな水資源のありがたさを感じられる名所だと思います。

「北の江津湖」だなと。

大き過ぎず、有名過ぎず、好きな公園です。

基本情報

住所熊本市北区八景水谷1丁目11-1
時間公園:終日開放
水の科学館:9時〜17時
休日水の科学館:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
電話番号096-346-1100(水の科学館)
Webサイト熊本市水の科学館
備考